So-net無料ブログ作成
検索選択
動物の映画・本・絵画 ブログトップ
前の10件 | -

♪メモリー [動物の映画・本・絵画]

CIMG4914.jpg
会社の人が「美の巨人」でキャッツをやると教えてくれた。
そしてアート展の開催を知り、とりあえず時間もないので行ってみた。
チラシは現地で貰ったので、まさかこの白猫ヴィクトリアに会えるとは!
良かった!!

ライオンの絵もあって、素敵でした。
全部キッチリ描いてないのに、本物を観てる気になります。

CIMG4926.jpg
「白鳥」好きなので絵葉書を買いました。

原画の70%?位のリトグラフを販売してました。
頑張れば買えそうでしたけど、頑張れなかった…
頑張れ自分!!



ドリカム [動物の映画・本・絵画]

CIMG4479.jpg
長年探してた本をやっと買いました。これも古本。
古本は実はあまり得意ではないけど
もう売ってないので…
しかもたまにアマゾンとかオークションに出るのは
定価の倍以上だったりして、なんか納得出来なくて。

CIMG4480.jpg
大きさはミニサイズで、持ち歩きにピッタリ!
難を言えば、もう少し厚かったら良かったなあ。

CIMG4490.jpg
でも馬の違いってなかなか解らないなあ~ってのが実感です。
せめて馬の種類を憶えたいと思っても
読んでも読んでも忘れる…やっと憶えたのはクナプストルペル。
日々勉強也!

読書の秋 [動物の映画・本・絵画]

CIMG4489.jpg
ジャングル・ブックを検索してたら「世界動物全集30巻」がヒット。
昭和56年発行なので古本しかない。
読みたい巻だけ買おうかなと調べてたら
巻によって値段が様々で面倒になって全巻買おうと調べたら
6000円~1万円とか。
ヤフオクで見たら全巻1600円で終わった取引を知ってガッカリ。
きっと状態が悪かったに違いない!と自分を慰めてたら
静岡?の本屋さんで3000円位(送料別)のを発見。
初めての店だし、直接取引だし大丈夫かなと思ったけど即購入。
丁寧な梱包で直ぐ到着。プロは仕事が速い!と感心しました。

とりあえずジャングル・ブックは完訳とあったので楽しみにしたら
モウグリの部分が少ない!何故?!
他の話はジャングル・ブックなのにアザラシ編!いいのか?
解説の藤原英司なる人が作者のキプリングをこき下ろしてるのにもビックリ。
とか色んな意味で面白い!

高校の時に読んだ「ブワナ・エルザ」も入ってるし
全巻読むのにどの位かかるか心配?ですが、頑張ろう!

CIMG4442.jpg
読書のお供はしない、かりんとうでした。

テート・ギャラリー [動物の映画・本・絵画]

CIMG3806.jpg
新橋駅前で時々開催される古本市で見つけました。
昔イギリスに行った時はテート・ギャラリーと呼ばれてましたが
今や「テート」だけだそうです。なんか言い足りない感じ?!

CIMG3807.jpg
この絵葉書買ったけど、画家や作品について
全く知らないから買ったんですけど
意外や読み物として面白いです。
作家によっては辛らつとも言える記述があったり…
でも当時はそう言われてたんだとかとか。



ジャングル・ブックブック [動物の映画・本・絵画]

CIMG4072.jpg
実写版映画を観たけど、
昔のディズニーアニメと微妙に内容が違ったので本を買ってみた。
主人公だと思ってたモーグリことモウグリ(原作者の意向はマウグリだそう)は
長い話の中の一部分で、映画とかなり違ってました。
原作はオムニバスで、この本はモウグリの話だけを抜粋してます。
映画だとヘビのカーは悪役に近い扱いだったけど、
原作では熊のバルーくらい仲が良かった。しかもオス!
オオカミのパパも出てくるけど名前はなし。でも愛情はたっぷり。
黒豹のバキーラはもちろんカッコいい。
オオカミのリーダー、アケイラ(映画ではアキーラ)に至ってはもう全然違う!
映画での扱いは酷かったから、良かった~。ポイって感じで…あれはない。
映画は上手くつなげて作ったとは思うけど
ご都合主義になってました。やっぱり原作の方が納得出来る。

表紙のイラストは原書からで作者キプリングのパパ作だそうです。
完全版を買って読むか迷います~図書館にあるといいな。

CIMG4073.jpg
中のイラスト。タッチは色々。あと少しで読み終わります。
今、ドールの群れとの闘いに向けて緊迫中。

CIMG4062.jpg
かりんとう「早く寝た方が…」…はい、すっかり夜型に。オリンピックのせいもある。


ジャングル・ブック [動物の映画・本・絵画]

CIMG4033.jpg
映画の鑑賞記念に買ったメモ。

CIMG4031.jpg
中身は4種類。使える!多分使わないけど。

主人公以外は動物はもちろん背景もフルCGだそうで、よく出来てます。
動物との絡みはさすがに自然です。凄い時代だなあ。長生きはするもんだ。
所々動物の顔が気になったけど、有りだと思います!
主人公モーグリも可愛いし、上手い。
数年前の実写版を観てないので較べたいな。

ストーリーは昔のディズニーアニメと同じじゃなかった。
大好きな「水汲みの歌」がない!場面ももちろんない!
ジェンダー問題とかに関係しているのでなければいいけど。
確かに歌詞の内容は昔々からの「女は結婚して家事をやる」だし…
直訳だと「ハンサムな人と結婚して子供を産んで…」だし…
初めて知った時は「ハンサム」なんだ~ってそこに妙に感心。
なので物語的にスッキリしない中途半端なラストになってました。
続編を作りたいみたいな記事も読んだので、続ける意味なのかな。

実写版のDVDを中古だけどネットで見つけたので注文。
楽しみ!


上野の虎 [動物の映画・本・絵画]

CIMG3776.jpg
黒田清輝の「湖畔」を観て来ました。
初対面の印象は小さい!
でも女性の綺麗だけじゃなく背景の湖の微妙な色が綺麗!
見とれました。

CIMG3695.jpg
企画展では「虎」がテーマでした。

CIMG3691.jpg
これは以前も観たけど、好き!

CIMG3692.jpg
どんどん寄ってしまう。

CIMG3684.jpg
皿は珍しい。欲しい!ってタイプじゃないけど。
くれるなら貰うぞ!

CIMG3699.jpg
常設エリアには鹿!

CIMG3702.jpg
これは欲しいなあ~


ついに来たチューイ! [動物の映画・本・絵画]

CIMG3476.jpg
チューバッカが観たくて予約したら結構早くに到着。
すぐ値下がりするんだろうなあと解ってるけど待てなくて…

CIMG3477.jpg
でも届いたら観ませんね。なんでだろう。
特典映像だけでも観ればいいのに…
部屋の片付けもしないで連日テレビで「相棒」観てしまいました。

CIMG3642.jpg
お土産で貰いました!これは!!いいっ!!
とってもうれしいです!
中のタブレットはライチ味。

3回目 [動物の映画・本・絵画]

CIMG3342.jpg
スター・ウォーズがとうとう25日で終わると知って
最後にもう1回観ました。
チューイを堪能しましたが、もっと観たい~
DVD発売が待ち遠しい!

CIMG3331.jpg
帰りは「佳蕎庵 くぼた」で季節限定のすんき蕎麦を!そろそろお終いだそうです。
残念!

CIMG3333.jpg
漬物と胡瓜をお願いしました。
黄色いのはネズミ大根という小さい大根です。旨い!

CIMG3335.jpg
実はこのお酒が目的でもありました。
私にと入れてくれたそうで、メニューには出てません!
名前もいいですが、好みの味です!

CIMG3336.jpg
りんごの香りがするというのに惹かれて「積善(せきぜん)」を。
言われてみればかすかにリンゴの香り。
美味しいです。

CIMG3337.jpg
次は「瀧澤(たきざわ)」。
飲んだ事がなくて好きそうなのをお勧めして貰いました。
やっぱり美味しい!

CIMG3338.jpg
「亀齢(きれい)」は好きな系統です。
ひとごごちのは初めてでしたが、これも好き!
最初にお蕎麦を食べたので、酔いつぶれずに
全部美味しく頂けました。

CIMG3343.jpg
かりんとう「また終電かい!」…乗り過ごしもなく無事に帰宅って事で…。

宮川香山 [動物の映画・本・絵画]

CIMG3319.jpg
たまたま見たテレビで知って気になってた人でした。
ネットで作品集を検索したら2万円超えで諦めて数年。
動物作家の西のサンドに対して東の香山と勝手に決めてました。

駅貼りポスターでサントリー美術館での展覧会開催を知り歓喜!
表紙の猫は眠り猫が目覚めたところで
小さな歯も舌もあり、細部まで凝った造りです。
犬歯?がないのが残念。

CIMG3321.jpg
どの動物もずっと見ていたいと思います。
2順したけど離れ難い!
後半の磁器制作になってから動物モチーフは減りますが
花も色合いが素晴らしい。
隣に来た女性が花の花瓶を見て
「貰えるならこれが欲しい」と抱きつくしぐさをしてました。解る!
9割以上が個人のコレクションです。
哲人(てつんど)さん、お願いします!

CIMG3320.jpg
学芸員さんの話も聞きました。
それによると、これは中国の故事を題材にした作品。
中に描かれているのは鍾馗(しょうき)様。
久しぶりに耳にした名前です。
どの作品も物語性があるとの事でした。それでずっと見ていたいのかな。

CIMG3322.jpg
どの展覧会でも必ずあるクリアファイル。
香山氏が見たらお菓子まで作られてるのにビックリするのでは?!
ま、買いますけど。

CIMG3281.jpg
家の眠り猫。こっちもずっと見ていたい。




前の10件 | - 動物の映画・本・絵画 ブログトップ